PC周辺機器

「レビュー」女性向け?小さい無線マウスLogicool M185SG

Logicool M185SG

最近blog用にゲーミングノートパソコンを購入したんですが最初は「マウスなくても操作できるし要らないよね!」って思って購入してたなかったんですけど。

めっちゃ不便!

出先とかちょっとした時ならまだ我慢できるですけど、とりあえずで良いから無線マウスが欲しくて買ったのでレビューしていければと思います。

電池式ワイヤレスマウスM185SG

Logicool M185SGLogicool M185SG

今回早急に無線マウスがほしかったのでパッと目がついたこのM185SGを購入しました。

全体的に丸みがあり左右対称ですので両手どちらでも操作が可能になっています。

ボタンは左右のクリックとホイール、ホイールクリックとシンプルなボタン数となっています。

M185SGのスペック

ではこのLogicool M185SGのスペックを簡単にご紹介していきます。

センサー方式オプティカル
接続方式USBレシーバー
電池寿命約12ヶ月(単3電池1本)
特徴ワイヤレスマウス
寸法/重さ横60mm×奥行99mm×高さ39mm 重量約50g

っとまぁこんな感じです。

ちなみにセンサーですが一般的なデスクと光沢のあるデスクはOKとの事です。

反応しないのは木目とガラスみたいですね。

そして寸法を書きましたがだいぶ小さいです、筆者はパソコンバックに入れて持ち歩いていますがマウスが小さいのでそこまで膨らみは感じません。

Logicool M185SGの実際の写真、使用感

では写真センスのかけらもない筆者が頑張って撮った写真と一緒にお話していきます。

Logicool M185SGパッケージLogicool M185SGパッケージ

パッケージの大きさを見たとき筆者が率直に思ったのが。

「ちっさ・・・石鹸の箱かこれ・・」

でした。それくらい小さいんですよ。

Logicool M185SG パッケージ開封Logicool M185SG パッケージ開封

内部はこんな感じでマウスと取扱説明書が詰め込まれて居てコンパクトに収納されています。

Logicool M185SG内容物Logicool M185SG内容物

内容物は以上になります。

マウスについている紙を引っ張ると電池が元々入っているので通電する感じになります。

Logicool M185SG裏側Logicool M185SG裏側

裏面の蓋を取るとこんな感じになっています。

USBレシーバーは電池の横に収納されています。

Logicool M185SGレシーバー取り出しLogicool M185SGレシーバー取り出し

USBレシーバーは簡単に取り出す事ができます。そのままパソコンに挿しっぱなしにしてもいいですし、収納することも可能です。

マウスの裏側に電源のON/OFFボタンがあるのでこまめにスイッチングしてあげましょう。

Logicool M185SG レシーバー装着Logicool M185SG レシーバー装着

全体的にイメージとしてはこんな感じになります。