PC周辺機器

1万円以下で買うコスパが良いマイク「HyperX SoloCast」PS5やyoutube録音にも「レビュー」

HyperX SoloCast

最近PS5で友人達とボイスチャットをヘッドセットを使って話してたんですけど、友人達から「お前声聞きにくいわwww」って言われたので、新しいヘッドセット買おうかなって思ったんですよ。

でもこのヘッドセット自体は気に入っていたので変えるの嫌だなぁって思いつつ新しいヘッドセットを探してたんですよね。

そこで考え付いたのが「そもそも声が聴きにくいって事はマイクを変えればいいんじゃね?」って事に行き着いたんですよね。

ヘッドセットに付いているマイクって小さいし、未だかつてプロの方がヘッドセットのマイクで収録やら録音やらしてる姿は見たことがありません。

マイク持ってるけどこの際新しい最新のマイクでも買うか・・・って思ったんです。

そこで今回は1万円以下のマイクで探したところコスパと音質がめっちゃいいと聞いた「HyperX SoloCast」を購入したので使い心地をレビューして行こうかと思います。

HyperX SoloCastの概要とスペック

この「HyperX SoloCast」ですが大本はキングストンテクノロジーが母体です。たぶん一度は聞いたことあるんじゃないですかね?

こんな頭半分どこやったって感じのおっさん?がデザインされたSSDとか出している所ですね。このキングストンテクノロジーがゲーミングデバイスブランドとして展開したのが「HyperX」になります。かなりの大手企業なんです。

そんな大手企業が出した今回の「SoloCast」ですがコンデンサーマイクを使用しており、なにより値段がぐっと安くコスパをよくしたモデルだと思います。

  • 高品質音での収録・録音・配信ができる。
  • この音質でこの値段ならコスパ高。
  • USBを接続するだけの簡単設定。
  • ミュートボタンが付いている。

あとこの値段でスタンド付きって言うのは魅力ですよね、配信者やYouTuberの事も考えてなのか、付属のスタンド以外にもマイクアームにも対応している所がグットですね。

仕様

HyperX SoloCast
タイプエレクトレットコンデンサーマイク
指向性パターンカーディオイド
周波数応答20Hz~20kHz
感度-6dBFS (1V/Pa、1kHz時)
ノイズ (RMS)-74dBFS未満 (A特性)
サンプリングレート48kHz、44.1kHz、32kHz、16kHz、8kHz
ビットレート16ビット
接続USBタイプC
消費電力5V/100mA
重量マイク:261g/マイクスタンド:125g/合計(USBケーブルを含む):429.9g

 

同梱物

  • HyperX SoloCast
    HyperX SoloCast

外装はHyperXらしい赤と白基調のボックスです。

HyperX SoloCast内容物HyperX SoloCast内容物

ボックスを開けるとプラバンで作られたケースと多言語説明書が入っていました。
コスト削減の為に安いプラバンを使ってるんでしょうけど、それでコストが抑えられるなら問題はありませんね。

プラバンプラバン

上記写真の様にプラバンだと言ってもきっちり中の商品がガッチリガードしてくれています。なので傷等は一切なかったですね。

メイン内容物メイン内容物

ちゃんとUSBタイプCケーブルも付属していました。
長さは2メートルと結構長いので使用用途に合わせて無難に対応できる長さだと思います。

  • マイク本体
  • USBケーブル(2メートル)
  • スタンド
  • 多言語説明書

以上が内容物になります。

デザインと性能とマルチ性

HyperX SoloCastHyperX SoloCast

実際に箱から出してUSBを繋げてみるとこんな感じになります。

  • SoloCast
    SoloCast

角度の調整も写真の様にできます。
自分の好きな角度に調整できるのは高ポイントですよね。

HyperX SoloCast マイクON/OFF LEDライトHyperX SoloCast マイクON/OFF LEDライト

HyperX SoloCast」はマイク入力時は写真の様に赤いLEDが点灯します、逆に次の写真のミュートボタンを押すと点滅します。

上部ミュートボタン上部ミュートボタン

ミュートボタンはマイクの上部に付いています。
しかもこれ静電式が採用されているので触るだけでマイクミュートのON/OFFができます。

スタンドから取り外し可能スタンドから取り外し可能

そしてこの「HyperX SoloCast」スタンドから取り外せます
取り外した後は底部に付いているアームスタンドに取り付ける様になっているのでそこに取り付けて簡単にアームに装着できるようになっています。

マイクアーム取り付け部マイクアーム取り付け部

この様に底部分にはマイクアーム用のネジ穴?が付いているので大部分のマイクアームに取り付ける事が可能になっています。

マイクアーム取り付け部マイクアーム取り付け部

実際に取り付けるとこんな感じになります。
ポップガードはあった方が絶対にいいですね、理由としてコンデンサーマイクは湿気に弱いので唾液の飛沫を防いでくれる事と、マイクが吹かれるのを防ぐ効果もあります。

SoloCastのセンターラインSoloCastのセンターライン

もちろん一度マイクを外してスタンドに再度取り付ける際もセンターがどこなのかひと目で分かるようにスタンドとマイク本体には印が付いているので、その印に合わせて取り付けることでセンターを維持できます。

HyperX SoloCast マイクメッシュガードHyperX SoloCast マイクメッシュガード

SoloCastには2種類のメッシュが使われています。
見えにくいかもしれませんが、大きめな金属メッシュで囲われて内部には更に細いメッシュで覆われて居るので重厚感があります。

HyperX SoloCastスタンドの溝HyperX SoloCastスタンドの溝

HyperX SoloCast付属のスタンドにはハメ込む部分は硬めのラバーとなっており、ショックマウントの役割も担っているみたいですね。

この価格でかゆい所までこだわってきますね・・・・。

実際の音質

次に実際の音質に関してですが、この「HyperX SoloCast」ですが実は「HyperX QuadCast S」や「HyperX QuadCast」の弟分的な存在なんです。

ただ兄貴分達は4種類の極性を選べたり、イヤホンをマイクに直接挿してマイクモニター等できますが、それらを削ってコストを抑えた子が今回の「HyperX SoloCast」になります。

実際筆者は「Discord/PS4/PS5/Skype」で友人を顎で使い(ぁ
マイクテストを行いました。
筆者が使ってる一番高いマイク(当時2万円弱)で筆者の微声を聞いてもらった後「HyperX SoloCast」に変えて話した所軒並み「SoloCast」の方が若干低音が効いてクリアで聞きやすいって言われました・・・。

嬉しいんですけどなんとも釈然としませんでした(←

その後も筆者の家にあるマイク全てで試した結果は以下の通りになりました。

  • 5000円以下マイク3台の結果→SoloCastの圧勝でした。
  • 5000円以上1万円以下のマイク2台の結果→SoloCastに軍配が上がりました。
  • 1万円以上2万円以下のマイク1台の結果→SoloCastと同等くらいでした。

以上の結果から筆者が持ってるマイクと比べて見ましたが1万超えマイクと同じ、もしくはそれ以上のポテンシャルを秘めているマイクだと思います。

ただ高級マイクは指向性が選べたりするので一概に「HyperX SoloCast」が全てにおいて良いとは言いません。

ですが、実況ストリーマーや音にこだわりを持ちたいユーザーにも太鼓判を押せる、そんなマイクだと筆者は思います。

指向性は一種類

指向性タイプ指向性タイプ

HyperX SoloCast」には指向性タイプは一種類しかありません。

それは「カーディオイド」と言うタイプです。
聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、おそらくマイクで一番オーソドックスな指向性になります。

マイク正面が一番音を良く拾うタイプの指向性マイクですね。

付属のスタンドでチャットや机にコントローラーをおいて操作していると、どうしても打鍵音やコントローラーのカチャカチャ音はスタンドにしているとどうしても音が入ってしまうみたいですね。

なので筆者的にはマイクアームを推奨します、そこまで高い物を購入する必要はないのであると便利です。

○HyperX SoloCastのいいところ

  • コストパフォーマンスに優れている。
  • 音質が良い。
  • コンパクト設計。
  • マルチタスクに接続可能。
  • PS5/PS4/PC/MACに対応している。
  • ミュートボタンが付いている。
  • スタンドにもマイクアームにも幅広く対応している。

×HyperX Alloy Elite 2の悪いところ

正直あまりないんですよね・・・強いて上げてみますね。

指向性の数が一種類。

付属のスタンドだと、どうしても打鍵音や操作音が入る。

これくらいですかね・・・?

正直この価格でどこまで求める気?って筆者は思いますね。

この価格でこの性能なら間違いなくベストバイです。

以上が「HyperX SoloCast」の使ってみた感想になります、実際これ買って今メインで使ってるマイクに成り上がってますから相当優秀な子です。

それでは皆さん良いゲームライフを!

 

 

 

メーカー別ゲーミングキーボード
「2020」FPS、MMOに最適なゲーミングキーボードメーカー別おすすめ紹介ゲーミングキーボードって実際普通のキーボードと何が違うの? って思う方もいらっしゃると思います。筆者も実際初めてゲーミング系を集め...
PCモニターの種類や液晶ディスプレイのおすすめする失敗しない選び方(PS5用モニターも)
ゲーミングモニターの種類や液晶ディスプレイのおすすめする失敗しない選び方(PS5用モニターも)ゲーミングモニターの種類や液晶ディスプレイのおすすめする失敗しない選び方(PS5用モニターも)...
PCからPS4とPC音声を同時に聞くには?
PCからPS4とPC音声を同時にヘッドホンで聞く方法友人たちとSkypeやDiscordで話しながらPS4でゲームがしたい時とかありませんか? 筆者は基本的にCOOPゲームばかりやっ...
SwitchをBluetooth接続させる方法
SwitchにBluetooth接続させる方法【レビュー】SwitchをBluetooth接続させる方法を紹介しています。 Bluetooth接続(ペアリング)させる事で様々な場所でゲームライフが楽しめます!...
メーカー別ゲーミングキーボード
「2020」FPS、MMOに最適なゲーミングキーボードメーカー別おすすめ紹介ゲーミングキーボードって実際普通のキーボードと何が違うの? って思う方もいらっしゃると思います。筆者も実際初めてゲーミング系を集め...
PS4のコントローラーリセット方法とUSB接続に切り替える方法
スティックが勝手に動く時のPS4コントローラーリセット方法【FPS等】PS4のコントローラーのスティックが勝手に動いてしまったりする場合一度はコントローラーの背面のリセットボタンを押した方はいるはずです。 今回はその方法以外の完全リセット方法をご紹介しています。...
【DXRacer】【DXR-BKN】
DXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアーの実際の使い心地や乗り換えた際の感想【レビュー】テレワークに非常におすすめなDXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアを実際に購入して、使ってみてココが良かった点や、ココが悪かった点などをご紹介しています。 実際筆者が使って思ったことを書いているので参考にしてみてください。...