PC関連

PCからPS4とPC音声を同時にヘッドホンで聞く方法

PCからPS4とPC音声を同時に聞くには?

友人たちとSkypeやDiscordで話しながらPS4でゲームがしたい時とかありませんか?

筆者は基本的にCOOPゲームばかりやっているのでずっとPS4をPCで同時にヘッドホンで音声出力できないかなーと思っていました。

そこで今回は実際筆者が「この接続方法なら同時に出力できた」って言う方法と別の方法数点を紹介していければと思います。

この方法はステレオです、5.1chや7.1chと言ったサラウンドはこちらにまとめましたので良ければ見てください。
PCからPS4とPC音声を同時にサラウンドで聞く方法
ASTOR MIX AMPでPCからPS4とPC音声を同時にサラウンドで聞く方法今回はPCからPS4とPC音声(Discord,Skype等)を同時にサラウンドで聞く方法をご紹介いければと思います! サラウンド...

PS4+モニター+PC=ヘッドホンの接続方法

接続図接続図

この方法は一番お金はかかりませんが人によっては音の遅延やノイズが入る場合があるので一回試してみてダメそうなら別の方法で試すのがいいかもしれません。

音はモニターからの出力だよりになるのでモニターに3.5mmのオーディオジャック出力(ヘッドホン出力)があるモニターでないとこの接続方法は出来ないので注意しましょう。

またこの方法はPCから最終的に出力させるのでPCの電源がついていないとPS4の音は出ないのでそこも注意が必要です。

3.5mmオーディオケーブルが必要です

接続方法は以下の4ステップの通りになります。

  • PS4からHDMIケーブルをモニターにさします。
  • モニターのイヤホンジャックにオーディオケーブル(3.5mm)をさします。
  • モニターにさしたオーディオケーブル(3.5mm)の先をPCのライン入力ジャックにさします。
  • PC側で設定を行います。

あとはPCにヘッドホンを挿してあげれば完了です。

PC側設定方法(windows10)

オーディオケーブルをライン入力ジャックにさしたことを確認したら。

【windowsキー+Xキー】を同時押しして、設定を押してください。

windowsキー+Xキーを押して設定を押すwindowsキー+Xキーを押して設定を押す

設定を押したら【デバイス】を押してください。

デバイスを選択するデバイスを選択する

デバイスを選択したら左側の関連設定にある【サウンドの設定】を押してください。

サウンドの設定を押すサウンドの設定を押す

サウンドの設定を押したら左側にある【サウンドコントロールパネル】を押してください。

サウンドコントロールパネルを押すサウンドコントロールパネルを押す

サウンドコントロールパネルを押すと【サウンド】と言う名前の窓が開くのでタブの【録音】を押して【ライン入力】を選択してダブルクリックしてください。

ライン入力をダブルクリックライン入力をダブルクリック

ダブルクリックすると【ライン入力のプロパティ】の窓が開くのでタブの【聴く】を押してください。

項目にチェックを入れる項目にチェックを入れる

聴くを押したら【このデバイスを聞く】にチェックを入れるとPS4側の音声がPC側に入るようになるので後はPCにヘッドホンを挿せばPCの音声とPS4の音声が同時に聞くことが出来ます。

D/Aコンバーターを使う方法

接続方法接続方法

次に紹介するのはD/Aコンバーターを使う方法を用いての方法です。

D/Aコンバーターとはデジタル情報をアナログ情報に変換する機材の事を言います。

お気づきの方はもう気が付いていると思いますが、これ別に「D/Aコンバーター入れる意味あんの?」って思った事でしょう。

やってる事は先ほど紹介した事をD/Aコンバーターを間に挟んだだけだろ?って思うかもしれません。

もちろんメリットはその分あります!わざわざお金を出してD/Aコンバーターを使うわけですからね。ないと逆に困ります。

必要な物は以下の物です。

3.5mmオーディオケーブル
光デジタルオーディオケーブル
D/Aコンバーター

この方法は旧型PS4とPS4Proでしかできません、スリム型PS4には光デジタル音声出力ジャックが無い為です。

 

D/Aコンバーターを使うメリットとデメリット

ではD/Aコンバーターに音を通すと何が起こるのか簡単にお伝えします。

先にもお伝えしましたがデジタル信号をアナログ信号へと変換する装置がこのD/Aコンバーターなのですが、このD/Aコンバーターを挟むことによってデジタル信号をより質の良いアナログ信号へと変換してくれるのです。

大げさに言えばアナログからアナログが50の品質だとすると、デジタルが100の品質。そこにD/Aコンバーターでデジタルをアナログに変換して出力される品質が80のアナログ信号だと思ってもらえればいいと思います。

結局何が言いたいかって言うと音がいいんです!(ザックリ)

あとはPCの電源をつけなくてもPS4の音声を聞く時はD/Aコンバーターにヘッドホンを挿せば音声を聞くことが出来ます。

ではデメリットですがPS4からD/Aコンバーターへデジタル信号音声を入力させるための光デジタルオーディオケーブルが必要になる事と、D/Aコンバーターを購入する必要があります。

出費が増えるって事が最大のデメリットですね。

接続方法

ではD/Aコンバーターを用いた接続方法を説明します。

  • PS4からHDMIケーブルをモニターにさします。
  • PS4から光デジタルオーディオケーブルをD/Aコンバーターへさします。
  • D/Aコンバーターに3.5mmオーディオケーブルをさします。
  • 3.5mmオーディオケーブルの先をPCのライン入力ジャックにさします。
  • PC側で設定します。(※PC側設定方法(windows10)と同じです。)

あとはヘッドホンをPCにさしてあげれば終了です。

HDMIオーディオ分離器を用いる方法

この方法は新型のPS4の方にお勧めのやり方です。

実際筆者はこちらの方法で接続しました。(PS4は旧型ですが・・・・)

ではザックリ紹介して行きます。

このオーディオ分離器ですが大まかに説明するとPS4から出力されているHDMIケーブルの中には映像と音声のデータが流れているのですが、それを映像と音声とでそれぞれに分けてくれる機能を持っています。

では必要な物は以下の通りです。

3.5mmオーディオケーブル
HDMIケーブル
HDMIオーディオ分離器

 

筆者が購入したHDMIオーディオ分離器のレビューを書いたのでそちらにご興味がある方はこちらからよければご覧になってください。

HDMIケーブルはPS4側とオーディオ分離機に使うので2本必要になります。

HDMIオーディオ分離器を使った接続方法

接続図接続図

では早速接続方法をお伝えします。

PS4のHDMIケーブルをHDMI分離器へさします。

HDMI分離器にHDMIケーブルをさします。

HDMI分離器に3.5mmオーディオケーブルをさします。

HDMI分離器から出力されているHDMIケーブルをモニターにさします。

HDMI分離器から出力されている3.5mmオーディオケーブルをPCのライン入力にさします。

PCで設定します。(※PC側設定方法(windows10)と同じです。)

後はヘッドホンを挿すだけです。

お疲れ様でした!

実際筆者はこの方法でPS4とPCの音声を同時にヘッドホンから聞くことが出来ました。

これで友人と話しながらPS4のゲームをヘッドホンでプレイする事が出来ています。便利な世の中になったものです・・・。

この後音声出力が完全にステレオだったのでFPS等する時は別の方法で疑似サラウンド化してFPS等はそちらの設定でやっています。

まとめ

さていかがだったでしょうか?今回はPS4とPCの音声を同時に聞く方法を書いてみました。ただこれあくまでも同時に聞くだけなので音声はステレオになります。その点は注意してください。別記事でサラウンドで同時に聞く方法はこちらにまとめて見たので興味がある方は是非見てみてください。ではよいゲームライフを!

メーカー別ゲーミングキーボード
「2020」FPS、MMOに最適なゲーミングキーボードメーカー別おすすめ紹介ゲーミングキーボードって実際普通のキーボードと何が違うの? って思う方もいらっしゃると思います。筆者も実際初めてゲーミング系を集め...
Formula Series DXR-BKN
DXR-BKN DXRacerゲーミングチェアーおすすめ組み立て方法【レビュー】DXR-BKNのゲーミングチェアーを購入した方はわかると思いますが、めちゃくちゃ重いですよね。 そこで少しでも組み立てを簡単にする為に今回は組み立て方法をご紹介していきます。...
PS4のコントローラーリセット方法とUSB接続に切り替える方法
スティックが勝手に動く時のPS4コントローラーリセット方法PS4のコントローラーのスティックが勝手に動いてしまったりする場合一度はコントローラーの背面のリセットボタンを押した方はいるはずです。 今回はその方法以外の完全リセット方法をご紹介しています。...
【DXRacer】【DXR-BKN】
DXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアーの実際の使い心地や乗り換えた際の感想【レビュー】テレワークに非常におすすめなDXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアを実際に購入して、使ってみてココが良かった点や、ココが悪かった点などをご紹介しています。 実際筆者が使って思ったことを書いているので参考にしてみてください。...