Switch関連

SwitchにBluetooth接続させる方法【レビュー】

SwitchをBluetooth接続させる方法

最近友人とSwitchでゲームをする機会があったんですけどその時ご家族が居て友人の娘さんが「ねぇ・・・うっさいんだけど・・・」って冷たい目で・・・。(ヒェッ)

その後は友人と静かに遊んでたんですけどスイッチのドックにさしてTVで遊んでたんですけど、またもやクレームが・・・今度はゲームの音がうるさいと言われてしまって泣く泣くゲームタイムは終了に・・・。

そこで色々調べて二人で同時にBluetoothや無線でゲーム音を聞く方法を調べてみました。

switchをBluetooth接続(ペアリング)させる方法

switchにはご存じの通りBluetooth接続(ペアリング)させる機能はありません。

その為移動先でも必ずイヤホンは有線接続になります。

switchをBluetooth接続(ペアリング)switchをBluetooth接続(ペアリング)

そこで今回ご紹介するのは【GuliKit Route Air】と言う商品です。

今回必要な商品

この【GuliKit Route Air】はswitchのUSB-Cタイプコネクタに差し込むだけで簡単にBluetooth接続(ペアリング)レシーバーになってくれる優れものです。

内容物内容物

早速内容物を見てみましょう。っと言っても中身は結構スマートにまとまっていました。

【GuliKit Route Air】本体とそれをUSB変換するためのアタッチメントと取扱説明書が入っています。

【GuliKit Route Air】本体【GuliKit Route Air】本体

本体はUSB-Cコネクタを差し込む様にカバーが付いているので抜き取ると上記の写真の様に分離します。

これ結構ありがたいです、コネクタ部分がむき出しだとお子さんとか居るご家庭などはお子さんとかが踏んずけて折れたりケガをする場合があるので

switch本体とBluetoothレシーバー接続

接続時接続時

【GuliKit Route Air】を実際にswitchに差し込んだ写真が上記になりますが。

めっちゃ薄いんです。

これだけ薄いとswitchを落としてしまった時、switchに接続されている【GuliKit Route Air】のUSB-Cコネクタがswitchの中で折れてしまう事や、switch本体のUSB-C部分が破損してしまう等と言った事がだいぶ減りますだいぶ重要要素です。

肝心の接続方法は挿すだけですね、非常に簡単です。

ただ難点を上げると充電しながら使えないのが非常に難点・・・この薄さにする為には致し方ないのでしょうけどね・・・。

Bluetooth接続(ペアリング)方法

 

BluetoothペアリングBluetoothペアリング

さぁ次はいよいよBluetoothレシーバー【GuliKit Route Air】とお手持ちのBluetoothイヤホンとペアリング(接続)を行います。

って言っても接続方法は簡単です。上記の写真にある【A】【B】どちらでもいいのでSwitchの電源をつけてあげてから、どちらかのボタンを長押ししてLEDを点滅させます

点滅させたらお手持ちのBluetoothイヤホンの接続方法を確認して【GuliKit Route Air】とペアリング(接続)してください。

ここで更に家族、友人達と二人で遊んだり音を共有する場合はもう片方のボタンを長押ししてもう一つのBluetoothレシーバーとペアリング(接続)させることによって最大二人まで音を共有する事ができます。

【GuliKit Route Air】Bluetoothレシーバーの遅延について

この【GuliKit Route Air】は対応コーディックが3種類備わっています。

【SBC】SubBand Codec 

音の圧縮率が高いため低品質な音になるそしてタイムラグが非常に高い

【aptX】

圧縮率はSBCより遥かに少ないため高音質のまま音を送り出す事ができる

【aptX-LL】

圧縮率も非常に少なく高音質、さらにaptXより低遅延を兼ね備えており今後の主力になりえるポテンシャルを秘めている。

コーディック方式音声遅延目安
SBC220ms(±50ms)0.22秒
aptX70ms(±10ms)0.07秒
aptx-LL40ms未満0.04秒

1ms=0.001秒と換算となります。

上記の表を見ていただければわかる通り、aptX-LLが搭載されているこの【GuliKit Route Air】ですが筆者は実際に3種類の接続方法で聴き比べをしてみました。

【SBC】に関しては音ズレが非常にでており、正直普通のゲームをプレイしてても不快に感じます。

【aptX】に関してはそこまで気になりませんが音ゲーは無理です。

【aptX-LL】に関しては音ゲーすら出来ます、マジで出来ます。音ズレはほぼありません。

難点なのは【aptX-LL】対応のBluetoothイヤホンを購入しないと行けない事です。

ちなみに筆者がオススメするのは【aptX-LL】対応したゼンハイザー製の【CX-350BT】です。外で使う事も考えればイヤホンタイプを選ぶのが吉でしょう。

充電時間は2.5時間で約10時間連続再生出来ます。

SwitchにBluetooth接続させる方法 まとめ

実際筆者が使ってみたのですが、普通に便利。

ケーブルレスなので移動時でも楽々収納できます、ちなみにSwitchLiteでも対応可能です。

あと余談ですがSwitchドックにUSB変換と【GuliKit Route Air】を差し込めばTV画面でゲームをしながらBluetooth接続も出来ます。(PS4にも対応しています)

それでは良いゲームライフを!

PCからPS4とPC音声を同時に聞くには?
PCからPS4とPC音声を同時にヘッドホンで聞く方法友人たちとSkypeやDiscordで話しながらPS4でゲームがしたい時とかありませんか? 筆者は基本的にCOOPゲームばかりやっ...
メーカー別ゲーミングキーボード
「2020」FPS、MMOに最適なゲーミングキーボードメーカー別おすすめ紹介ゲーミングキーボードって実際普通のキーボードと何が違うの? って思う方もいらっしゃると思います。筆者も実際初めてゲーミング系を集め...
Formula Series DXR-BKN
DXR-BKN DXRacerゲーミングチェアーおすすめ組み立て方法【レビュー】DXR-BKNのゲーミングチェアーを購入した方はわかると思いますが、めちゃくちゃ重いですよね。 そこで少しでも組み立てを簡単にする為に今回は組み立て方法をご紹介していきます。...
PS4のコントローラーリセット方法とUSB接続に切り替える方法
スティックが勝手に動く時のPS4コントローラーリセット方法【FPS等】PS4のコントローラーのスティックが勝手に動いてしまったりする場合一度はコントローラーの背面のリセットボタンを押した方はいるはずです。 今回はその方法以外の完全リセット方法をご紹介しています。...
【DXRacer】【DXR-BKN】
DXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアーの実際の使い心地や乗り換えた際の感想【レビュー】テレワークに非常におすすめなDXR-BKN DXRacer のゲーミングチェアを実際に購入して、使ってみてココが良かった点や、ココが悪かった点などをご紹介しています。 実際筆者が使って思ったことを書いているので参考にしてみてください。...