ゲーミングPC

「レビュー」 10万円台ゲーミングノートPC おすすめ i7 コスパ最強 GALLERIA GCR1650GF7

おすすめゲーミングノートPC

最近ブログを書くにあたってノートパソコンが欲しくなり色々探していたのです。

そして今回非常にコスパ的にもゲーミングPCとしてもかゆいところに手が届いているゲーミングノートPCがあったので紹介していきます。

筆者は過去にゲーミングPCでデスクトップとノートブックどっちがいいの?と言う記事を書きました。

今でも長く使えておすすめするゲーミングPCを購入するならデスクトップ一択だと思っていますが、今回紹介するゲーミングノートPCは正直壊れてもこの価格でこのスペックなら問題ないむしろコスパ最強だと思ったのでご紹介します。


おすすめ10万円台GALLERIA GCR1650GF7の値段とスペック

ガレリア GCR1650GF 周年祭特価モデルガレリア GCR1650GF 周年祭特価モデル

コスパ最強ゲーミングノートGALLERIA GCR1650GF7の値段

では早速値段を見ていきたいと思います。

ただ最初にお伝えいたしますが今回のご紹介いたしますゲーミングノートPCはハイスペックって言う訳ではありません、ハイスペックとロースペックの中間の丁度いい痒い所に手が届いている感じです。

もうサクッと値段をお伝えします。GALLERIA GCR1650GF7の2020年2月の段階で

お値段99,980円(税抜き)となっておりました。

(時期や状況により価格が変動する場合があるかもしれません)

では更にスペックの詳細を紹介していきます。

おすすめゲーミングノート10万円台GALLERIA GCR1650GF7のスペック

このゲーミングノートPCのスペックは決して高いと言う訳ではありませんが、非常にバランスが取れているスペック(値段的に)となっています。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-9750H (2.60-4.50GHz/6コア/12スレッド)
グラフィック(GPU)NVIDIA GeForce GTX1650 + IntelR UHD Graphics 630
メモリー8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
ストレージ512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3370MB/s, 書込速度 2030MB/s)
カードリーダーSDカードリーダー (SDXC対応)
サウンドマザーボード 標準 オンボードHDサウンド
LANギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
BluetoothBluetooth5
マザーボードモバイル インテル チップセット搭載マザーボード
メモリスロット x2 (最大 32GB)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.1 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1 /HDMI / miniDP x2
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示)
バッテリーリチウムイオンバッテリー (約 6.5 時間)
無線LANIntel Wireless-AC 9560 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n 2x2 Max1.73Gbps)
WEBカメラHD画質 WEBカメラ
サイズ360(幅)× 245(奥行き)26.4(高さ) mm
重量約2.03kg

となっています

ドスパラ
商品ページ

では次になぜこのゲーミングノートPCがコスパ最強なのかご説明していきたいと思います。

GALLERIA GCR1650GF7をなぜ選んだか

見つけたきっかけ

そもそも筆者はゲーミングノートPCを買う予定ではなく、移動先でのblog投稿の為にりんごのノートブックを買うつもりでした。

そのさ中に友人から「お勧めのノートブックを教えてほしい」と相談を受けたのが事の発端になります。

友人にそのノートブックで何がしたいのか、どんなことをしたいのか聞いたところMMOが主でその他色々なゲームがしたいとの要望だったのと値段は10万程度でお願いされた。

そこで色々なBTOメーカーのノートブックを見ていたら今回ドスパラの「GALLERIA GCR1650」に出会った。

まさに理想的な内容だったので友人におすすめしたものの、自分も非常に欲しくなりつい購入してしまった。

購入に至った理由としてゲーミングPCは基本的には15万~40万程度で売られていますが、どれも高スペックで値段が高く、それだったらデスクトップ型のゲーミングPCを選ぶと言う何とも言えない物ばかりだったのです。

ですがこのGALLERIA GCR1650GF7に関して言えばお値段約10万程度で尚且つそこそこなゲームをプレイできると言う利点があり、サブPCとしてとても優秀な位置だったので購入したました。

10万程度の予算でとりあえずゲーミングノートPCが欲しい人にとっては非常に魅力的なゲーミングノートPCになっていると思います。

PUBGや、マインクラフト、フォートナイトも60FPSは余裕で出るスペックになっているのでゲーミングPCとしてオールラウンダーな感じで優秀です。

購入した理由

結局は値段です。

持ち運びができてゲームもできて、10万円程度(税抜き)税込み価格にしても11万円です。

例えばこのゲーミングノートPCが3年で壊れたとしても一日あたり100円で使えた事になります。

正直ゲーミングPC系は3年から5年も使えば新しい世代のゲーミングPCに乗り換える時期でもあるのでその間使えていれば問題ありません。

初めてゲーミングノートPCを購入しようとしている方にも非常にお勧めの品です。

がっつりゲーミングノートPCで144Hzをたたきだして超高負荷ゲームをプレイしたいなら別のモデルを推奨します、このモデルはあくまでもサブあるいはとりあえずゲーミングノートPCが欲しい方に非常におすすめするモデルだからです。

各ゲームとCPUベンチマーク

各ゲームのベンチマーク

では実際にどの程度各ゲームでスコアを叩き出せるのか実際に検証してみたいので参考にしてみてください。

ドラゴンクエストX ベンチマークドラゴンクエストX ベンチマーク

沢山の人がベンチマークで使うドラゴンクエストXですが、すごく快適でスコアは18371でした。

まぁ、そもそもドラゴンクエストXはそこまで重いゲームではないのでこれくらいはらくらくクリアですね。

ファイナルファンタジーXIV ベンチマークファイナルファンタジーXIV ベンチマーク

高画質なMMOで有名なファイナルファンタジーXIVですが、非常に快適でスコア11696でした。

これも全く問題ありませんね、快適にプレイできそうです。

正直このレベルのベンチが非常に快適出せるなら基本的なゲームは問題なくプレイできるでしょう。

FIBAL FANTASY XV ベンチマークFIBAL FANTASY XV ベンチマーク

 

非常に重いベンチで有名なファイナルファンタジーXVベンチですが、高品質で回したところスコア4058の評価普通となりました。

ここまでのゲームを高品質でやる必要があるかわかりませんが、普通の段階で部分的には処理が追い付かない部分がありそうですが普通にプレイは出来そうですね。

もしぬるぬる動かしたい場合は品質を少しだけ落とせばもっと快適にプレイできるようになるでしょう。

その他のゲームもおおむね快適にプレイできることは請け合いです。

GALLERIA GCR1650GF7の外箱と内容物と外観

GALLERIA GCR1650GF7の外箱

配達時の外箱配達時の外箱

配達された時に思ったのは外装だから汚くなってるなーって思ったんですが、これは外装の外装だったようでちゃんとした外装が用意されていました。

外装の外装外装の外装

二重梱包になっていたので外箱も非常にキレイでした。

GALLERIA GCR1650GF7の内容物

内容物内容物

内容物を取り出してみるとゲーミングノートPCの左右に厚みのある梱包材で包みこんであり、本体そのものにも黒い布製の袋に入っていて、傷がつかないように丁寧に梱包されていました。

一番底にはACアダプター類が箱に詰められた状態で入っていたので箱の内部でバラバラになることもありません。

全ての内容物全ての内容物

本体とACアダプターと取扱説明書あとネジが数本予備が入っていました。

ここで注目ですがACアダプターが非常に大きいです。そして結構重いです

ACアダプターも持ち歩くとするとリュックが必須になってきそうなので持ち歩く方は注意が必要です。

GALLERIA GCR1650GF7の外観

GALLERIA GCR1650GFの外観GALLERIA GCR1650GFの外観

GALLERIA GCR1650GF7の外観は黒一色で非常にスタイリッシュになっています。

キーボード配列キーボード配列

キーボードの配列はエンターがスリムになっており最初は慣れるまで時間がかかるかもしれません。ただ15.6インチのゲーミングノートPCでは致し方無い部分でもあると思うので許容範囲だと思います。

外装裏面外装裏面

外装の裏面ですが非常に多くのエアフロー用の空気取り入れ口が用意されています。

ゲーミングノートPCの最大の弱点でもある熱対策もされています。

廃熱口廃熱口

廃熱口は後ろにあり二つの廃熱口から熱が出る形となっています。

ここで注目したいのは廃熱口が後ろ側にあり左右には一切ありません。この事により左利きの人にも右利きの人にも廃熱が手に当たらないと言う事です。

よく見るのは左型に廃熱口があるのですが、このモデルはありません。

その事により左利きの人にも安心してマウスを使っての操作と共にストレスを感じさせません。

右側側面右側側面

右側側面にはSDカードスロットとUSB3.1×2が付いています。

左側側面左側側面

左側側面にはLANポートとUSB2.0とマイク入力イヤホン出力が付いています。

側面裏側側面裏側

側面裏側にはType-CとHDMI、MiniDP×2そしてACアダプタ差込口があります。

キーボードイルミネーションキーボードイルミネーション

キーボードイルミネーションは明るさ調整とONとOFFが備わっています。

初期設定ではACアダプターを抜いた場合は消灯しているが、点灯も可能になっています。

ACアダプターを差し込み電源供給がされるとキーボードのイルミネーションは自動的につくようになっています。

もし興味があれば一度見てみて検討するのもいいと思います。
ドスパラ
商品ページ

まとめ

今回ゲーミングノートPCをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?参考になればと思いレビューいたしました。バッテリー自体は長時間外でゲーム等をしなければ6時間以上は持ちそうなのでそこまで心配になる事も無いのかなと思います。また今回ご紹介させて頂いたドスパラは定期的にセールや無料アップグレードを行うのでそのタイミングでの購入が非常にお勧めなのでチェックしてみてください。