ゲーミングPC

「2020」 おすすめする10万円台のBTOゲーミングパソコン

おすすめ10万円台PC

今回は10万円台で迷ってるならこれ選んどけば間違いない!って言うBTOゲーミングデスクトップパソコンを厳選してご紹介していければと思っています。

各メーカーのここがいい所悪い所も書いていって納得した上で物って買いたいですよね。

筆者はいつも悩んで悩んで一度買ったら暫くはBTOパソコンのサイトには行きません!だって新しいモデル出てたらまた欲しくなるし・・・。

そこで今回は現状一番これがいいよって言う10万円台のゲーミングデスクトップパソコンをご紹介していきますので、ご興味がある方は最後までよろしくお願いします。

10万円台のゲーミングじゃ全然動かないんじゃ?

ゲーム中ゲーム中

いえいえ、そんなことはありません。

確かに15万とか20~30万のハイスペックゲーミングデスクトップには確実に負けますが、とりあえずのゲームで画質を中画質程度でプレイするなら10万以下でも大体のゲームは60FPSを維持する事が出来ます。

PUBGやドラクエ等のFPSやMMOでも最高画質で動かさない限り基本的には60FPSは出るはずなのでそこまで心配しなくても大丈夫です。

ただマインクラフトや他の一般ゲームでMODをもりもり入れていくとだいぶ厳しくなっていくので要注意が必要になってきます。

低価格帯でのグラフィックボードはGTX1660~GTX1660Tiが搭載されているモデルがベターになります。GTX1650に関してはビデオメモリが4G以上搭載しているモデルが無いGTX1650は除外してしまいましょう。

その事を踏まえてBTOゲーミングデスクトップパソコンを選んでいきましょう!。

intel Core i シリーズとAMD  Ryzenの大まかな違い

AMD Ryzen intel Core シリーズAMD Ryzen intel Core i シリーズ

大雑把にintel Core i シリーズとAMD Ryzen シリーズの違いをお話しておきます。

intel Core i シリーズにはCPU内部にGPUが基本搭載されているためグラフィックボードが無くても映像出力ができます。

AMD Ryzen はGPUが搭載されているモデル搭載されていないモデルがあるので注意が必要です。

GPUが搭載されていないモデルでは映像出力ができないため、グラフィックカード依存となるので抑えておきましょう。

AMD Ryzen シリーズでも末尾に「G」が付いているモデルに関しては内蔵GPUが搭載されておりグラフィックボードが無くてもマザーボードから直接映像ケーブルをつないでモニターに出力ができます。

一般的にはintel Core i シリーズはゲームに強いCPUです。

AMD Ryzen シリーズは動画等のエンコードに強いCPUとなっています。

もう少し詳しく書いた記事を作成したので興味のある方はこちらから見てくれると嬉しいです。

おすすめする10万円台ゲーミングデスクパソコン

ゲーミングパソコンゲーミングパソコン

では簡単なスペック表を踏まえて紹介していきます。

ドスパラ

GALLERIA RT5 2600搭載GALLERIA RT5 2600搭載
ドスパラ GALLERIA RT5 2600搭載
CPURyzen 5 2600
グラボNVIDIA GeForce GTX1660 SUPER 6GB GDDR6
チップセットAMD B350 チップセット マイクロATXマザーボード
メモリー16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD256GB NVMe SSD
HDD1TB HDD
ケースMicroATX
電源500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
価格94,980 円(+税)

このドスパラの注目ポイントはなんと言っても出荷の速さです。最速当日配送なんて驚異的なスピードの出荷サービスを行っています。

このモデルの強みはグラフィックボードがGTX1660S搭載と言う事とメモリが標準で16GBついていると言う事ですね。

全体的に見てもバランスが非常にいいと思います。
ドスパラ

GALLERIA RT5 2600搭載

このグラフィックボードのFPS表を出して置きましたので参考程度に考えて見てください。

※全く同じ数値が出る保証はありませんので注意が必要です。あくまでも参考数値です。
GTX1660SUPER
CS:GO232FPS
GTA:V86FPS
Overwatch97FPS
PUBG93FPS
Fortnite116FPS

マウスコンピューター G-TUNE

 NEXTGEAR-MICRO am560SA1NEXTGEAR-MICRO am560SA1
G-TUNE NEXTGEAR MICRO am560SA1
CPURyzen 5 3600X
グラボGeForce® GTX 1660
チップセットAMD B450 チップセット (Micro ATX)
メモリー8GB (8GB×1 PC4-19200 DDR4)
SSD512GB (M.2)
HDD無し
ケースMicroATX
電源500W 【80PLUS® BRONZE】
価格99,800 円(+税)

このマウスコンピューターの注目部分はグラフィックボードを少し落としてCPUに力を入れています。メモリは8GBなのでオプションか購入後自分でメモリを増設するのが良いかもしれません。

SSDがはじめから500GBなのは嬉しいポイントですね。

G-Tune 公式ページ
このグラフィックボードのFPS表を出して置きましたので参考程度に考えて見てください。

※全く同じ数値が出る保証はありませんので注意が必要です。あくまでも参考数値です。

GTX1660
CS:GO221FPS
GTA:V69FPS
Overwatch73FPS
PUBG79FPS
Fortnite84FPS

フロンティア GHシリーズ

FRGHZ390/SG1 GHシリーズFRGHZ390/SG1 GHシリーズ
FRGHZ390/SG1 GHシリーズ
CPUintel Core i5-9600K プロセッサー (3.70GHz/6コア/6スレッド/9MB)
グラボNVIDIA® GeForce® GTX1660SUPERへ無償アップグレード
チップセットintel Z390 チップセット搭載マザーボード
メモリー8GB (8GB x1) PC4-21300 (DDR4-2666) DDR4 SDRAM DIMM
SSD512GB NVMe SSD
HDD
1TB Serial-ATA
ケースMicroATX
電源600W ATX電源 80PLUS BRONZE【日本製コンデンサ仕様】
価格138,800(+税)

おいおい、一気に高くなったなって思う方もいらっしゃると思いますがこのパソコンはRGBカラーで光ます。ゲーミングPCらしさはピカイチです。

日本製コンデンサを利用した電源BOXを取り入れておりMADE IN JAPANの安心感もありますね。

そしてマザーボードがASUSのゲーミング用なのでこだわりが強いパソコンとなっています。紹介したパソコンの中で唯一のintel Core iシリーズを搭載しておりSSD500GBとサブのHDDが1TBついています。

【FRONTIER】
このグラフィックボードのFPS表を出して置きましたので参考程度に考えて見てください。

※全く同じ数値が出る保証はありませんので注意が必要です。あくまでも参考数値です。

GTX1660SUPER
CS:GO232FPS
GTA:V86FPS
Overwatch97FPS
PUBG93FPS
Fortnite116FPS

まとめ

3種類のBTOゲーミングパソコンをご紹介しましたが、やはり一番バランスが取れているのはドスパラかなーと言う印象でした。

その他もいい所もあれば悪い所もありますが、この価格帯だとどうしてもどっちかが劣ってしまうって言うのは致し方ない部分なのかもしれません。

こだわりのフロンティアも捨てがたいのですが電飾要らないからもう少しスペック上げて・・・!って思ってしまうかもしれませんね・・・。